Colors of Life


日々の出来事、感じたことなど綴っています。
by 千彩
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジャンルー・シーフ写真展

築地からの帰り、
まだ早い時間だったのでちょっと恵比寿に寄り道。
東京都写真美術館でやっている「ジャンルー・シーフ写真展」が観たくて。
a0167672_2382652.jpg


美しい構図。
モノクロームの世界。
銀塩粒子の誘惑。

言葉足らずだけれど、今はまだ余韻に浸っていたい。
風の強い1日だった。ふう。
a0167672_2323571.jpg


・・・そして、まさかまさかのゆらゆら帝国、解散。
一晩たっても、まだ信じられない。
[PR]
by chisai_0111 | 2010-04-01 23:50 | ART

六本木の夜

普段はあまり縁のない街(笑)六本木。
だけど、なにやら楽しげなイベントが・・・
ってなワケで行ってきた「六本木アートナイト2010」
a0167672_19475331.jpg


土曜日の仕事が終わり次第出掛ける予定だったのだけど、案の定、残業(笑;
結局、夜に合流する予定だった友達と一緒に六本木へ。
22時頃、六本木に到着。
どこに何があるのか、ワクワクしながら歩き回る。

「ビフォア・フラワー / 椿昇」
a0167672_2001531.jpg
a0167672_2003279.jpg


楽しみにしていたのに、タイミングが合わなくて、
なかなか発見できなかった 「ハーバートの夢 / カンパニー・デ・キダム」
慌ててカメラを構えたけれど、トホホな写真に;
a0167672_2032925.jpg
a0167672_2083845.jpg


「ロータス / チェ・ジョンファ」
a0167672_20104491.jpg


「星空傘 / 津村耕祐」
a0167672_2013037.jpg


六本木ヒルズから東京ミッドタウンに向かう途中にも・・・
a0167672_20142967.jpg

a0167672_20181097.jpg


そして、ミッドタウンに巨大なショートケーキが出現!
a0167672_20213683.jpg


美術館でのイベント等は見られなかったけれど、
街のあちこちで作品に出会えたりして、なんか面白かった。
そーして・・・
なんか、これもアートしてたなぁ。
「ヒルズと桜と月」
a0167672_20273328.jpg


「影」
a0167672_20312351.jpg


品川駅までの無料シャトルバスに乗って、
あとは家までてくてく。
家に着いたのは午前3時、さすがに疲れた~(笑;
[PR]
by chisai_0111 | 2010-03-28 23:35 | ART

一昨日、そして昨日のこと

いや・・・ちょっとまいった。
コンデジを買ったのはいいのだけれど、パソコンに取り込めなくて。
実は私が普段使っているノートPCのOSは、未だにWindows2000(笑;
特に不自由は感じないから、ま、いいかーって感じで使っていたのだけれど、
Canon Power Shot S90はVistaかXPじゃないとダメなのね。しくしく。
メンドウだけど、家のデスクトップPCを使うしかないのか。
ってなワケで、あれこれやっていたせいで、
こちらのブログアップも遅くなってしまった。

まず一昨日のこと。
この日は用事があって午後から半休。
仕事帰りにちょっと足を伸ばして表参道へ。
どうせゆっくりランチするなら、行ってみたいところがあって。
a0167672_12553616.jpg

YOSHITOMO NARA + grafが手掛けるカフェ。
まんま「YOSHITOMO NARA + graf」ワールド。
ちょうどランチ時で店内も混雑していて、
ゆっくりと堪能することは出来なかったのだけど。
通されたカウンターにも奈良さんのドローイングがあって、
見ているだけでワクワクしてしまう。
この日はお魚ランチを注文。カジキまぐろのジンジャーソテー。
a0167672_1353099.jpg

著作権のことがあるので、ドローイングなどの写真は撮れないのだけれど、
ううッ、このプレートの下に奈良さんの可愛いイラストが・・・(笑;
ちょっぴり味が濃いような気もしたけれど、美味しく完食。

ランチを済ませて向かった先は、眼科。
2月上旬から花粉アレルギーがすごくて眼科通いをしているのだ。
点眼薬と内服薬を処方してもらう。
a0167672_13124484.jpg


そして昨日。
土曜日で、毎度の事ながら混んでいたけれど、
ちょっと事情があって先生の診察ペースが急ピッチ。
おかげで早く仕事が終わったので、清澄白河にある東京都現代美術館へ。
ここでやっている「Cyber Arts Japan」がお目当て。
a0167672_13384953.jpg

いや、実はこの日、
「Cyber Arts Japan」にも出品している明和電機の、「バカロボ」上映や、
明和電機社長と、
人型ロボットの開発で有名な大阪大学教授、石黒浩さんの対談があったのだ。
・・・さすがにちょっと間に合わなかったけれど。
明和電機・・・実は密かにファンなのだ。
あの脱力系の発明の数々、見る度に笑ってしまう。
明和電機の展示ブースでは、私の大好きな指パッチン木魚や、
歴代の様々な作品や明和電機の制服などの展示も。
モニターでは「ロボブラジル」「ギターラ」など楽器の紹介もやっていて、
もう、ガハハ・・・と笑ってしまって、思わず「恥ずかしー」と。
だけどまわりもみんなウケてたけどね。

他にも可愛いモモちゃんがお出迎えの「PostPetNow」や、「TENORI-ON」や
平野啓一郎+中西泰人+森野和馬+ケンイシイという
不思議な組み合わせの3Dやら、
体験型の作品が多く、楽しかった。
「まばたきの葉」って作品も面白かった。
葉っぱの形をした紙の表と裏に、開いた目と閉じた目が描かれていて、
その紙の葉っぱを集めて大きな円筒状の機械に入れると、
その紙が中に吸い込まれて、円筒の上から噴出して落ちてくるというもの。
ひらひらと舞い落ちてくる葉っぱが、
クルクルと回転するとまるで瞬きしているように見えるのだ。

ランチと言うには遅すぎたけど、美術館内のカフェでお茶。
アジアンな感じの「カフェ・ハイ」
メニューも可愛い。
a0167672_15112731.jpg

モロッコパイとベトナム式コーヒー。
a0167672_1536060.jpg

美味しー。

土曜日だからか、イベントがあったからか、
結構混んでいて、体験できなかったものもあったので、
期間終了までにもう1度、行けるといいなぁ。

東京都現代美術館は外観も素敵。
設計は柳澤孝彦。
a0167672_15153649.jpg

a0167672_151674.jpg

[PR]
by chisai_0111 | 2010-03-14 15:31 | ART

将軍的微笑 @原美術館

昨日は本当に寒くて、仕事帰りには霙交じり冷たい雨。
夜、寝る前にドアを開けてみたら、
家の前の道路はうっすら白くなっていた。

打って変わって今日はいいお天気。
今日は仕事が休みだし、
なんだか家にいるのがもったいなくて、午後からちょっと外出。
ブラブラと散歩がてら原美術館へ。

「将軍的微笑」 楊福東
a0167672_19522782.jpg

中国の映像作家、楊福東の日本での初個展。
去年12月から開催中のこちら、実は2回目。
初めて観たのは、今年1月の自分の誕生日。
すごく心惹かれるものがあって、
終わってしまう前にもう1度観たいなーと思っていたのだ。
確か3月28日までだったはず・・・だけれど、
なんだなんだ、5月まで延長されていた(笑)
だけど、また観に行く機会が持てそうでちょっと嬉しい。

ヴィデオインスタレーションや35ミリフィルムなど5作品と、
楊福東のインタビューが楽しめる。
a0167672_20385467.jpg

前回もそうだったのだが、やはり一番惹かれるのは 「将軍的微笑」
老将軍の最後の誕生日を祝う晩餐会。
部屋の中央には長い長いテーブル。
晩餐の様子を真上から撮ったものが、
そのテーブルをスクリーンにして映し出されている。
まるで本当にそこで晩餐会が行われているかのように。
優雅な指の動きに目を奪われる。
微かに聞こえる人々のざわめき、食器の触れる音、
まるで自分も晩餐会の中にいるかのように感じてしまう。
次々と食されていく料理、
だけどテーブルをよく見てみると何故だかそのまま置かれた鴨や、
背中に包丁が刺さったままの子豚の丸焼きや・・・
時々、どきっとしてしまう。
そして部屋の両側面には大きなスクリーンが。
片方では淡々と過去を語る老将軍、
そしてもう片方では楽しげにピアノを弾く将軍の姿が。
そして頭上の12個のモニターには少女や青年の楽しそうな姿。
壁の小さなモニターには、静止画像かと思うくらい動きのない盲目の老将軍、
そして美しい少女の微笑。
大きなスクリーンといくつものモニターで構成されるその空間にあるのは、
若さと老い、明と暗、そして生と死・・・

余談だけれど、
「将軍的微笑」に出てくる女の子の美しいこと!
真っ赤な苺をつまみ微笑むシーンがあるのだけれど、
その笑顔の鮮やかなこと、そして毒々しいこと。
その妖艶さに見入ってしまう。
本当、目の保養。
他にも、53分もある「竹林の七賢人 Part3」や、
35ミリフィルムで上映される「バックヤード ほら、陽が昇るよ!」など。
5月23日(日)まで。

因みに原美術館内のカフェでは、
展覧会のイメージに合わて「イメージケーキ」を出しているということで、
こちらのカフェで午後のお茶を頂く。勿論、「イメージケーキ」も(笑)
レアチーズケーキ、ブルーベリーソース添え、ふむむ。
美しい庭と青空、そしてゆるやかに流れる雲を眺めながらのお茶。
ゆっくりと味わう。

そして・・・原美術館で私がいつも動かなくなる場所(笑)
奈良美智さんのアトリエをイメージした「My Drawing Room」
部屋ごと作品。
部造作に貼られたイラスト、レコードやぬいぐるみ、キャスケ、
机の上の描きかけのイラスト、散らばるペンや鉛筆、
三角の天井、青空が覗く天窓、床に埋め込まれた花・・・
もう全てが可愛くって、その場から離れられなくなるのだ。
もうッ、ここに住みたい!(笑)

帰りにショップに寄って買い物。
これも毎回の楽しみ。
今回はrimaのリングとピアスを購入。
ホウケイ酸ガラスで出来た雫の集まりのようなリングと、氷柱のようなピアス。
a0167672_22173468.jpg

綺麗。
綺麗なモノが好き。
[PR]
by chisai_0111 | 2010-03-10 22:25 | ART

終焉

今日は半休。
午後からちょっと用事を済ませ、ふと思い立って広尾に向かう。
今日は「NO MAN’S LAND」の最終日。
家から広尾まで割と近いということもあって、
期間中、何度か足を運んだのだけど、それも今日で最後。

期間中、変化していく作品も。
前回訪れた時は満開、増殖中(笑)だった、
中島崇氏の花と葉は枯れ落ちていた。
a0167672_20291282.jpg
a0167672_20295192.jpg
a0167672_20302644.jpg

a0167672_20595211.jpg


今回、初めて気付いた作品も。
a0167672_20314679.jpg
a0167672_20321681.jpg

a0167672_20421266.jpg
a0167672_20423265.jpg


作品入れ替えで、初めて見るものも。
なんか可愛い・・・「クマ、売ってます」、「ギャース」(笑)
a0167672_20333536.jpg
a0167672_20335654.jpg


こちらも好き。
a0167672_20451215.jpg
a0167672_20453154.jpg
a0167672_20455197.jpg


なんか面白くて、はまってしまったもの。
超撥水加工を施したお皿に水を落として、揺れ動く水滴を楽しむという作品。
a0167672_20403543.jpg
a0167672_20405891.jpg


そして、やっぱり好きな部屋たち。
a0167672_20441535.jpg

a0167672_20463279.jpg



a0167672_20471277.jpg

時々、写真のドレスとウィッグをつけて、
松井えり菜さんご本人がいらっしゃることもあったらしいのだが、
とうとう一度もお会い出来ず。残念。
a0167672_20481171.jpg


a0167672_20511215.jpg

文化祭のような雰囲気や、
色んな作品がわーっと押し寄せるようなあの感じ、
好き嫌いはあると思うし、
普段は馴染みのない大使館に足を踏み入れられる・・・ということで、
建物本来の姿を楽しみたかったという方々もいたと思う。
だけど・・・
アーティストも観る側も、
これだけ自由に楽しめる機会はあまりないんじゃないかな、と。
うん、楽しかった。
ありがとう、さようなら。
[PR]
by chisai_0111 | 2010-02-18 20:55 | ART

You Are Here

昨日はちょっと帰りが遅くなってしまって、
帰宅してお風呂に入って、そのまま寝てしまった(笑)
昨日、書けなかったこと。

土曜日の仕事は基本13時まで。
13時で終わったためしはないけれど。
でも昨日は比較的、診察が早く終わったのでちょっと寄り道。
冷たい風の中、ワタリウム美術館へ。
a0167672_2311576.jpg

只今、「ジョン・ルーリー展」開催中。
ジム・ジャームッシュの映画が好きな私としては、
俳優としてのイメージが強いのだけど、
1990年代後半、ライム病を患い、音楽、俳優活動は休止。
描くことが、彼に唯一残された表現方法となっていたのだ・・・と、
恥ずかしながら知ったのはこの時。
ミュージシャン、俳優・・・そして画家。
だけど、表現方法が違うだけで、やっぱりアーティスト。
その圧倒的な存在感にガツンとやられる。
例え神様でも、彼から表現力を奪うことは出来ないのだ、きっと。
タイトルも個性的で、その感性の豊かさにまたガツンと。
例えば、
一番、心惹かれた絵のタイトルは、「これがメッセージだと私はよびたい」
絵を見ていて浮かんできたタイトルと、
彼がつけたタイトルが近い時は、なんとなく嬉しかったり。

余談だけど、
「ジョン・ルーリーへメッセージを送ろう」って企画もやっているらしく、
自分の好きな絵の前で、動画を撮影し、
ジョン・ルーリーに動画メッセージを送る・・・ということらしい。
張り付いてまじまじと絵を見ていたせいか、
「ジョン・ルーリーにメッセージを送りませんか?」と、係の方に声をかけられる。
実は人見知りな私に・・・そんないきなり、無理。
後から「うー、惜しいことを・・・」と悔やむことしきり。
チャンスの神様に後ろ髪はないのだ、うん(笑)

a0167672_2349878.jpg

チケットはパスポート制になっていて、
期間中は何度でも入場出来るらしい。
うん、また行こう。


夜は友人Nと食事。
「土古里」という焼肉屋さんへ。
「焼肉三昧コース」を堪能。
山形牛、んまーい。
a0167672_23521652.jpg

コースの中に入っていたので、ホルモン、デビュー。
a0167672_23533231.jpg

いや、嫌いなワケではないのだけど、
なんとなく・・・ね。

以前見た夕方のニュースの特集で、
ホルモンヌ(ホルモン好きな女子)と、草食系男子の合コンとやらをやっていて、
女の子がいきなりレバ刺しを注文しているのに、
男の子は「キャベツ・・・」なんて言っていて、なんか笑えた。

いやいや、ホルモンもなかなか美味しく頂く。
ただ・・・飲み込むタイミングが、ね(笑)
タン塩から始まって、鳥、豚、山形牛、チヂミ、ホルモン、ハーフ玉子クッパ、
デザートのマンゴーソルベまで、堪能。
a0167672_645659.jpg

まんまるお月様のようなアイス。
[PR]
by chisai_0111 | 2010-02-07 23:45 | ART

NO MAN'S LAND 再び

今日は休み。
「NO MAN'S LAND」、今月いっぱいで終わっちゃう~と、またまた広尾へ。
そーしたら、「2月18日まで期間延長します」のお知らせが。あらら。
じゃあ、もっと楽しめるのね・・・と、うきうき。
今回は入場時にパスポートを購入。
a0167672_21264422.jpg


今回は気に入った作品をじっくりと堪能。
中島崇作。
a0167672_2130588.jpg

a0167672_213042100.jpg

成長中(笑)
a0167672_21315984.jpg

中島さんご本人。製作中。
a0167672_2133592.jpg

少しだけお話させて頂いたのだけど、
中島さんはサイケな音楽とか大好きだそうで、
この作品からもそういうパワーを感じて欲しい・・・と。
確かにサイケデリック!
中島さんから「白いカメラ、可愛いですね」と褒めて頂く。へへへ。

ここも好きな部屋。
星の王子様・・・きゅん。
a0167672_2140843.jpg

こんな風にスクリーンに映し出される。
a0167672_21414610.jpg


何故だか気になってしょうがない・・・
a0167672_2143386.jpg


ふと外を見ると、そこにも。
写真を撮っていたら、近くにいたおばさま方も興味深げに覗き込んで、
しきりに「うわ、こんなとこまで!やられたって感じよね~」と感心していた(笑)
a0167672_21464835.jpg


ちょっぴりお腹が空いてきたので、リバース・カフェへ。
昼食代わりに大好きなチョコレートケーキを頂く。
a0167672_21514164.jpg

a0167672_21494068.jpg

椅子にも素敵なイラストが!
a0167672_21523110.jpg

a0167672_22104717.jpg


事務所へのオマージュ。ここも好き。
物言わぬ事務用品が持つ、ひんやりとした空気が好き。
a0167672_21545113.jpg

a0167672_21551914.jpg


一番、分かりやすく可愛いのがこちら。
a0167672_222659.jpg

a0167672_2224162.jpg


いやいや何時間いても飽きない、ホント。
ちょっぴり疲れるけど・・・(笑)
[PR]
by chisai_0111 | 2010-01-28 22:11 | ART

NO MAN'S LAND

今日からブログスタート。
誰の目にも触れないかもしれないブログ。
ひっそりと、電子の海を泳ぐ透明なサカナのようで、
それもまた良いのかも。

まず最初の記事は・・・
先週の木曜日と土曜日、1週間に2回も行ってしまったこちら。

「NO MAN'S LAND 創造と破壊@旧フランス大使館」
こちらのイベントは・・・
フランス大使館の新庁舎への移転に伴い、取り壊しが決まっている旧大使館を、
アートプロジェクトに使用するという試み。
旧大使館全体を使って、様々なアートが繰り広げられている。
まさに「創造と破壊」
去年11月下旬から今月末日まで。

広尾駅から向かうと、まず見えてくるのがこちら。
なんか可愛い。
a0167672_20522180.jpg



そして入り口にはこんな素敵なゲートが。
のっけから、ぐぐーっと引き込まれる。
a0167672_2056017.jpg



本館正面に可愛いペイントが。こちらはムシュー・シャの作品。
他にも階段や外壁など、あちこちに陽気な猫が出現。
手前のペイントされたプジョーも作品。アガット・ドゥ・バイヤンクール作。
a0167672_21131592.jpg



ふとしたところにも素敵な絵が。ジェフ・アエロソル作。
a0167672_21253586.jpg



なんとなくきゅんとくるこちら、松井えり菜作。
a0167672_21301985.jpg



すごく可愛いトリコロールな部屋。三宅信太郎作。
コンセントまでトリコロールで可愛かった。
a0167672_21322933.jpg



「リバース・カフェ」 デザインは伊勢谷友介。
・・・余談だが、彼のヴィジュアルが好き(笑)
a0167672_21403494.jpg



そして何気なく入った部屋で出会った綺麗なものたち。
a0167672_21453083.jpg



1番ツボだったのが・・・
a0167672_21465729.jpg

何故に「鼻血」?(笑)
クロード・レヴェックの作品。


そして「鼻血」の階段。
a0167672_21481861.jpg



a0167672_21585463.jpg

夕暮れの感じも素敵。


何時間見ていても飽きない。
近くにいた女の子たちが「文化祭みたい!」なんて言っていて、
ある意味、妙に納得。
なんて言うか、すごく自由奔放。
とても身近に、そして無雑作に作品が置かれていて、
オモチャ箱をひっくり返したような楽しさ。
気取った美術館などでは味わえない、すごいパワー。
これは、また行っちゃうかも(笑)

a0167672_21561923.jpg

[PR]
by chisai_0111 | 2010-01-26 22:12 | ART